Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラスチックス「トップ・シークレット・マン」

初回レビュー:2003/05/27

PLASTICS / TOP SECRET MAN



チープでいながらノリのいい、おしゃれでキッチュなサウンド。日本のテクノといえばYMOという大御所がいますが、発売当時はむしろプラスチックスを聞き込んでいました。その後興味はYMOに移っていくんですが、99年に出たプラスチックスのトリビュート・アルバム「Welcome To Plastic World」が出たりして、またプラスチックスがマイブーム(*2003年当時)に。



中学生当時に同級生に聞かせたら、ガイジンの曲だと思ったらしく、日本人だと教えたらびっくりしていましたね。メンバーはチカ、トシ、立花ハジメ、佐久間正英、島武実。

トシ(中西俊夫)のBBSを読むと、どうやら年内(*2003年当時)にはプラスチックスのDVDがでるそうですよ。下のリンクをたどると全貌が明らかになるかも!?(*2003年当時の話です)

Tycoon To$h Kingdom
http://www4.airnet.ne.jp/mor/tosh/
Live wire Voodoo!!
http://260.teacup.com/mor/bbs

2006/09/30追記
「No image」じゃつまらないので、「WELCOME PLASTICS」のアルバムジャケットを額に入れて飾っている、にゃんこの部屋の風景をお届けいたします。



スポンサーサイト

国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉 解読

今週はなかなか時間がとれなかったため、録画していた「オーラの泉」名場面集PART1をさきほどやっと見終えました。

この番組に対する私のスタンスは「霊視に対しては一切信用しない」です。(江原、美輪が本当に霊視できる能力があるかどうかは問いません) また、会話については、完全に「誘導尋問」と位置づけて、「そのテクニックを解明して盗んでやれ」と思っています。

番組は相談者の情報を入手し、本人の納得いかない自分の性格・過去の事件・疑問・相談したい点について、本人の職業などから、現在一番気になっているであろう(人生の転機となりうる)問題点を明確にするというプロセスではじまります。普通の人なら、この時点で(自らしゃべっている)気になることをいいあてられてしまうわけですから、びっくりして「信じて」しまいますよね。

しかも、その問題点は本人が悪いのではなく、本人の前世から引きずっている問題であったり、憑依した悪霊の仕業と分析し、基本的に「本人が悪いわけではない」というスタンスをとります。この時点では思いもよらない過去の姿や悪霊がでてきますので、冷静な判断ができなくなりますが、本人が悪いわけではないため、自分が責められているわけでもありません。普段の悩みが自分のせいではない、仕方がなかったことなのだという話なのですから、本人も乗りたくなってしまうでしょう。

話はそれますが、松任谷由美の曲を聞くと、「私とあなたが別れたのは、私に問題があったからではなく、そもそもそういう運命だったんです」なんてわがままスタンスの歌詞があります。個人的にはきわめて嫌な気持ちになるような歌詞なのですが、悩んでいる人からすると、自分が悪いのではないという安易な逃げ道を示してもらったことになるため、飛びついてしまう気持ちもわかります。ずっと悩んで閉じこもってしまうよりは、逃げ道を作って、さっさと気持ちを切り替えるほうが、処世術としては正解なので、必要悪として認めざるを得ませんが、「いやなことがあると、すぐに逃げてしまう」人間がどんどん育っていくとなると今後の社会に対する不安が広がってきます。

さて、話を戻します。(本当は本人の問題である)前世や悪霊が引き起こした問題を、本人のせいではなく前世や悪霊のせいだと気づくことによって、今日から吹っ切りなさいという話に進んでいきます。吹っ切って、自分が本当になりたいと思う人間に生まれ変わってください、というように薦め、本人も完全に納得して番組が終わるというような番組構成です。

結果だけを見ると、自分の抱えている問題、自分が作った壁のようなものを、(前世や悪霊のせいにすることによって)乗り越え、自分の本当の姿・本当にやりたいことを明確にして、迷わず実現すべきだという、きわめて良い話になっています。

この番組を見ることによって、自分の道をきちんと生きていこうという方がどんどん現れるでしょうから、番組の社会的貢献は大きいものがあるでしょう。しかし、霊視ようなスピリチュアル・ワールドを過信してしまい、運命主義のようなものを蔓延させてしまう危険もはらんでいます。エンターテイメントとしては、非常に高質のものであり、数字がとれるのも納得がいきますが、中途半端な、例えば子供とか、子供のままで大きくなってしまった人とかが見ると害悪になる恐れがあると思います。

amazon:江原啓之

話の流れを唐突に変えてしまいますが、江原啓之って同い年なんですよね。同い年というか、誕生日が1週間と違わない(笑) 体型も結構似ているんで、第二の江原啓之を目指そうかしら?


男の夢 ~ホンダF1の魂~

今週がF1中国グランプリ、来週がF1日本グランプリということで先週末にF1のホンダ特番「男の夢 ~ホンダF1の魂~」が放映されていたのですが、今週バタバタしていたので、本日やっと録画を見ることができました。

本田宗一郎、アイルトン・セナ、さらには葉巻型のF1第一期での優勝シーンなど、貴重な映像が満載でした。バトンと第三期ホンダの優勝を中心に小倉智明キャスターがコメントするという形になっていました。それにしてもホンダ、2輪で勝ったら、次はいきなりF1に進出とか、想像もできないような決断と実行ですよね。

さて、中国グランプリですが、フリー走行2回目でスーパーアグリのモンタニーが7番手。琢磨も左近も鈴鹿に向けて調子を上げていって欲しいものです。

さて、自分の「男の夢」は何だろう? 即答できなかったので鈴鹿グランプリくらいまでに考えてみようと思います。(さすがに、世界征服とかではありません。)

スヌープ・ドギー・ドッグ「フー・アム・アイ」

初回レビュー:2003/05/25

Snoop Doggy dogg / Who Am I [Whats My Name] ?

ベースラインが美くて、これはたぶんスヌープ・ドギー・ドッグよりもプロデューサーのドクター・ドレーの功績によるものかと思います。「ドギー・スタイル」のアルバムを通して、サウンド、特にベースラインがいいんですね。歌詞はどんなこと言っているかわかりませんが(汗)、音楽的には気に入っています。ただ、CDの絵がちょっとお下品な感で、、、これも英語がよくわからないんですが、決してお上品な感じではありません。

昨夜聞いていたアルバムということで書いたのですが、こういうラップのCDはほとんど持っていないんですね。アメリカで400万枚も売れたそうで、こんな自分も買ってしまったくらいだから、そりゃ売れるわなぁと思いました。ところで、この人、スヌープ・ドッグに改名して、それから今年になって、銃で撃たれたそうな(無傷だけど)

【ラップ】スヌープ・ドッグ、LAで銃撃されたが無傷
http://news2.2ch.net/mnewsplus/kako/1050/10501/1050154983.html



ピーター・フランプトン「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」

初回レビュー:2003/05/24


Peter Frampton - Show Me the Way Peter Frampton - Frampton Comes Alive - Show Me the Way




これも1977年かな。ライブ盤「Comes Alive」のバージョンのギターのオープニングが好きでした。途中のギターソロもカッコ良くて、当時しびれていたんですね。最近聞きなおすと音もあんまりよくないし(しょうがないけど)ちょっとあらも目立つんだけどね。メロディ的にも単調なんですけど、ノリで補うみたいな。

僕はロッカーとして認めていたんですが、どうも、甘いマスクからも当時はアイドル扱いだったみたい。やれBCRだ、バスターだなんていっていた時代だから仕方がないのかもしれませんが、ちょっと可愛そう。
アイドルのまま、ずっと忘れ去られてしまったんだろうなと悲しく思っていたのです。あのオープニングのギターが僕の青春の扉をあけた、くらいに思い入れはあったんですね。

1994年にビック・マウンテンが「Baby,I Love Your Way」をレゲエでカバーし、大ヒットたときに、なーんだ、みんなピーター・フランプトンのことをちゃんと忘れずにいてくれたんだ、なんてホッとしてしまいました。



日本にも自分的にはミュージシャンと認めていたのにアイドル扱いされていて、可愛そうと思っていた人がこの頃いたんですが、その方もいずれ紹介しますね。


アバ「ダンシング・クイーン」

初回レビュー:2003/05/23


ABBA - Dancing Queen ABBA - ABBA: Gold - Greatest Hits - Dancing Queen


踊るポンポコ、、じゃなくて「踊りの女王」とでも訳しますか。ピアノのフレーズが「憧れのステージに立った途端に注目を浴びた」という様子をすっごく表現していて、とっても感動的でした。

この曲の流行った1977年の春、にゃんこは中学入学です。ラジオ好きだったにゃんこが、深夜放送にのめりこんでいきました。高校入学の時にステレオラジカセを買うまでは、ラジオはAMと短波のみです。「FM?ステレオ?ハイファイ?何それ?」っと音質に対するこだわりは貧乏がゆえにあきらめ(悲)、多感な中学時代をモノラルオーディオと過ごしたのでした。

ABBAはスウェーデン出身の男女4人組。4人の頭文字をとって、ABBAなのですが、一つ目のBは逆向きになっていて、男女二組がそれぞれ向かい合っている様子をしめしているそうです。スウェーデン出身の男女4人組といえば、別のグループもありますね。また紹介したいと思います。



SHURE E3c (iPod nanoに使っているイヤホン)

通勤のお供 iPod nano ですが、付属のイヤホンは使っていません。
たぶん2年くらい前からだと思うのですが、SHURE(シュアー)のE3cというインナーイヤー型のイヤホンを使っています。



最近は結構見かけるようになった「カナル型イヤホン」です。見てのとおり耳栓型になっています。最初は2ちゃんねるのAV板で聞き知ったE2cを使っていたのですが、E3cが販売されると同時に買い換えました。そもそもE2cは断線してしまい、修理中にもう1個買ったりしていたのですが、一度E3cを使うと、もう戻れません。E2cでは聞こえていなかった、繊細な音がきちんと聞こえてきたのです。

「トリプルフランジ・イヤパッド」という「イヤーウィスパー サイレンシア・フライト」みたいな耳栓と組み合わせて使うと遮音効果は抜群です。電車に乗っていても、車内アナウンスが聞き取れません。近くでおしゃべりをしている人がいても、なんのその。地下鉄で静かなクラシックが楽しめます。また、遮音だけでなく、音漏れもほとんどありません。音漏れするくらいにボリュームを上げると、その音の大きさに本人が先に参ってしまうと思います。以前、道を歩いていたら、ギリギリのところを自動車に追い抜かれてしまい、肝を冷やした覚えがあります。カナル型イヤホンは自転車では厳禁ですね。

さて、E3c、取り回ししやすいように、ケーブルはぶった切って、東急ハンズで買ってきたイヤホンジャックを半田付けしています。これで胸ポケットの iPod nano にピッタリの長さになりました。

最近はE4cとかE500とか、もっといいやつが出ているようですが、壊れるまでは当面これを使っていこうと思っています。実は予備にもう1台買ってしまったため、だいぶ長い間つきあうことになると思っています。

楽天 - サウンドハウス - SHURE E3c
SHURE シュアー E3C

楽天 - サウンドハウス - SHURE PA755
SHURE シュアー PA755

楽天 - サウンドハウス - SHURE E4c
SHURE シュアー E4C

ギャラクシーエンジェる~ん キター

昨日、HDDレコーダーで番組表をみながら、いろいろと予約していたところ、「ギャラクシーエンジェる~ん」の文字がテレビ東京の日曜深夜に!!

http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/runeangel/

ギャラクシーエンジェル、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

大変、楽しみです。ここのところ、ただただゲラゲラ笑っていればいい番組が少ないので、本当に期待しています。

こちらがブロッコリーの公式サイト。
http://www.broccoli.co.jp/ga/

*ヴァニラさんやノーマッドの姿が見えないのが非常にさびしい気持ちもあります。

GOOD BYE! GEORGIA CITY!

コカコーラがやっている「ジョージア・シティ」というオンライン・ゲームがあって、1年半くらい?の間、暇つぶしをさせてもらっていました。

折りにふれ、いろんな謎解きがあったりして、今ではレベル68になるまでがんばったんですが、10月31日にサイト終了ということで、本日「最後の謎解き」が終わってしまい、ジョージア・シティの住民達に「さよなら」を言われる始末です。

http://www.georgia.jp/georgia_city/endinfo.html

まぁ、知らない人にとっては何書いているんだかわからないでしょうが、1年以上の思い入れを個人的なメモとして書きたかったため、このブログに書いておきます。

この2ヶ月くらいはさっぽろファントムさんの「ジョージアシティ住民日記」にはげまされながら続けた感じでした。感謝の気持ちもここに記すとともにトラックバックも送らせていただきます。

さっぽろファントムの「ジョージアシティ住民日記」
http://fantom.livedoor.biz/
「ありがとうジョージアシティ
http://fantom.livedoor.biz/archives/50500944.html

さて、ジョージアは「極楽!ジョージアカンパニー」というサイトで、ひきつづき暇つぶしの場所を提供していただけるようなのですが、自分の好みにはあまり合いません。

http://www.georgia.jp/

ジョージア・シティのポイント類の引継ぎが終わったら、一気にプレゼント応募して、アクセスしなくなりそうです。そうなるまでの間に、面白いコンテンツの提供をお願いします。(できれば、ジョージア・シティの継続をお願いしたいところです。)

Gメン'75の丹波哲郎死去

Gメン'75丹波哲郎が昨日亡くなったとのこと。
丹波哲郎氏の霊界関連の活動についてはまったく知らない(知ろうとも思わなかった)ため、公式サイト等で調べてください。

丹波哲郎の霊界サロン http://www.tamba.ne.jp/

Gメン'75は1975年から放映していた刑事ドラマ。自分の地域では土曜日の夜9時、ドリフの後の時間帯でやっていました。私が小学6年の頃です。この番組を見るまで、家族で見ていた番組は「勧善懲悪」、つまり「水戸黄門」のようなストーリーの番組ばかりでした。善い人は救われ、悪い人は罪を償う羽目になるというパターンです。ところが、この番組はそういうふうに進まない「社会派」のドラマでした。感情移入していた「善い人(とか、普通の人)」が非業の死をとげたりと、やりきれない、やるせない結末を迎えることがありました。

この番組、オープニングの曲もいいですが、個人的にはエンディングテーマのしまざき由理「面影」が最高だと思っています。やるせない感じの曲調でイイ感じです。



ところが、この曲を聴くと、どうしても宇宙戦艦ヤマトの「真っ赤なスカーフ」(ささきいさお)にダブって聞こえるんだよねー。「真っ赤なスカーフ」は1974年の作品。同時代ですね。当時の時代の感覚だったんでしょうか。




Wikipediaで丹波哲郎を調べてみると「以前付き人が運転する丹波乗車の車がスピード違反で捕まった際、付き人が警察に説得しても駄目だという時に、丹波が下車し「Gメンの丹波だが」と真顔で警察官の前に立ちはだかったが効果は無かったそうである。」なんて書いてあります。僕も一回言ってみたいなぁ。


ブログのタイトル用の写真を撮ってきました

今日はランチの後に少し散歩して、ブログのタイトル用の写真を撮ってきました。日差しは強いものの、空は完全に秋空になっていました。比較的見晴らしの良いところでパチリ。

20060924_01.jpg

足下はの合流ポイントで、の姿も。今日は空だけでなく、も澄んでいました。

20060924_02.jpg


電車男デラックス~最後の聖戦

例のごとく録画してからタイムシフト視聴しました。荒唐無稽なコミカルな設定なのに、なぜか最後は純愛や友情で泣かされてしまうというお話になっていまして、純粋に楽しめました。

今回は、ベースになっているBGMが「宇宙戦艦ヤマト」シリーズで、しかもそれがツボにはまってしまい、大笑いできました。新たな敵であるCYBERNEXT(サイバーネクスト)社が白色彗星帝国のパイプオルガンの曲だったり、とにかくピッタリはまっている感じ。




人気の「ツンデレ」陣釜美鈴もいつもの「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ) 」であいかわらず笑わせてくれます。

City of Prague Philharmonic -The Imperial March City of Prague Philharmonic - 映画音楽大全集 No. 20 - STAR WARS: EPISODE V - THE EMPIRE STRIKES BACK - The Imperial March / スター ウォーズ  (帝国の逆襲 インペリアル・マーチ)



タヒチで「帝国のマーチ」が栗コーダーカルテットのやつになっていたので爆笑。もう、いうことはありません。


栗コーダーカルテット - 帝国のマーチ 栗コーダーカルテット - ウクレレ栗コーダー - 帝国のマーチ (ダース・ベイダーのテーマ)



さて、ドラマを見て感じたこと。どうしても主人公である電車男には感情移入できず、エルメスはきれいで、、、 じゃあ誰の視線でドラマを見ているのかといえば、「ネットの住民達」と一緒に実況しながら見ている感じっだたと思います。


月面兎兵器ミーナも2007/01にはアニメ化するそうなので、楽しみな人は楽しみだと思います。
http://www.mi-na.jp/

ちなみのこの「ミーナ」の時にかかっている曲はELOの「トワイライト」、オープニングの変な宇宙人のときにかかっている曲はSTYXの「Mr.ロボット」です。



Styx - Mr. Roboto Styx - Styx: Greatest Hits - Mr. Roboto




2006/10/16追記 今回の特番のDVD追加。


Appendix

RSSフィード


Google


メンテフリー特集1_ファッション系 メンテフリー特集3_雑貨系

Extra

最近の記事

にゃんこのツィート

FC2カウンター


無料カウンター

プロフィール

にゃんこ

Author:にゃんこ
にゃんこは五十台の、しがないサラリーマンであったが、いろいろと語ってしまおうと考えているのであった。アフィリエイトもやってしまいます!

訪問して、面白かったブログ・気になるブログ・かわいいネコの記事には、どんどんコメントしていく方針です。コメントやトラックバックは削除されても文句言ったりしませんのでお気楽にお考えください。
(このブログの記事と関連性の少ないスパムなトラックバック《承認制にしました》やスパムなコメントは削除いたしますのでご了承くださいませ 悪質なスパムはプロバイダやアフィリエイト事業者にも連絡しておりますので、ご注意ください。) また、このブログはリンクフリーです。

近況:
あっという間に歳をとってしまいました(涙) 十数年前に「やろう」と決意してきたこと(仕事)が、まだ全然手付かずで、もう自分の時代には実現できない、などと泣き言をいっていたところ、なんだかそんな仕事に近づいてきたような感じもしています。

にゃんこにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にゃんこのオススメ

時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。